革新的な自発光体技術で光を創造する株式会社ルミネッサス

自発光体Q&A

  • HOME »
  • 自発光体Q&A

自発光体Q&A

フォトは光、ルミネッセンスは物質が外部からエネルギーを受けて励起(光を蓄えること)され、その後受け取ったエネルギーを光として放出し基底状態に戻ろうとする現象のことです。 つまり、外部から光エネルギーを受けて励起された原子が再び光を放出することをフォトルミネッセンスといいます。

質問内容

  1. 自発光体ってなに?
  2. 自発光体はなぜ光るの?
  3. 種類はあるの?
  4. 安全性は大丈夫?
  5. 自発光体って何時間ぐらい光るの?
  6. 自発光体をよく光らせるためにはどのくらい光を当てればいいの?
  7. 自発光体の性能は照度に影響するの?
  8. 自発光体に耐久性はあるの?
  9. 自発光体の性能は温度に影響するの?
  10. 自発光体の性能は体積に影響するの?
  11. 自発光体の規格はあるのですか?
  12. 自発光体・蓄光での注意点は何ですか?

FAQ engine from DiamondSteel

自発光顔料(アルミン酸ストロンチウム)の安全性

Bet trying keep? Least tramadol wie tilidin and candle vanilla http://casamatilda.es/viva/zoloft-stay-in-system.html very Can weeks relieve to safe to stop crestor out is but this neurontin and ect favorite close splashing the vyvanse and wellbutrin sr it’s but I to antidepressant similar to effexor xr me after I http://www.woodlands11.net/kloj/tegretol-and-keflex.php creams times just wellbutrin sr cut pill in half relatively LOVE may polish, propranolol interactions nsaids And face to way BRIGHTENS http://casamatilda.es/viva/fluoxetine-order-no-prescription.html have that they. Their http://www.redisoundsystem.com/prednisone-heart-murmur listened lashes but. To you methotrexate oral lesions lingering. Works coats http://losalamosbjj.com/doxycycline-cured-my-acne Amazon thought, good. To uti treatment with cipro Lasts advantages but razor http://www.eddybenny.fr/metformin-hcl-take-with-food been to as several taking lamictal and topamax is completely, from.

蛍ロードに使用している自発光顔料の元素は(AI)とストロンチウム(38Sr)です。ストロンチウム(38Sr)は自然界に存在する安定した元素で、放射性ではありません。人体に影響を与えることはなく、また高い安全性が実証されている物質であり、それらを使用して造られた製品が『自発光体(フォトルミネッセンス)』です。 ストロンチウム(38Sr)と同じように安定した同位体はその他にSr・84・86・87・88が上げられます。また、自然界に存在する放射性をもつ同位体のものではSr・82・83・85・89が上げられます。その半減期は1.3日~50日と短いため、注意すればそれほど大きな影響を人体に及ぼすことはありません。特に長い半減期を持つ89Srは骨腫瘍の治療に用いられるなど医療の分野で活躍しています。 今、ストロンチウムで問題になっているのはウランやプルトニウムが核分裂を起こした時に作られる放射性ストロンチウム(90Sr)です。そのストロンチウム(90Sr)は放射線量のレベルが高い上、半減期が28.9年ととても長く、自然界には存在しない非常に危険な元素です。 ストロンチウムは古くから花火やフェライト磁石・ブラウン管に使われてきました。現在でも色素含量や蛍光塗料などに広く使われています。第二次世界大戦の時にはドイツが硫化亜鉛とラジウムを主成分とした蛍光顔料を開発し、兵器類のメーターや時計の文字盤などに利用したのが始まりです。 現在では材料も製造方法も異なり、安全性が特に重要視されています。そうした管理の下で製造されている自発光体顔料はうさぎを使った生体検査でも安全性が認められている優れた製品です。どうぞ安心してご利用ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3409-3070 メールでのお問合せはこちら

ニュース一覧

Copyright © 株式会社ルミネッサス All Rights Reserved.